キャッシングの審査には在籍確認で会社に電話がかかってくる

*

キャッシングの審査には在籍確認で会社に電話がかかってくる

キャッシングの審査において、在籍確認があるということは周知の事実です。ただ、このときにキャッシングをしていることがバレてしまわないかという一抹の不安に駆られている人もきっとたくさんいるはずです。キャッシングの審査で行われる在籍確認というのは、会社に電話はかかってはくるものの、電話口で業者名を名乗るということはありません。担当者の個人名を名乗ったうえで本人に電話に出てもらう、電話に出れないときは出れそうな時間を聞き再度かけなおしてくれるので、キャッシングの審査ということはバレません。また、働いているということがわかればいいので、かけなおすといっても実際には電話をかけなおしてこないキャッシング業者もあります。

自分自身が電話に出ない限り、社名や用件を明かすということはなく、会社の人にバレるということもありませんので心配することはないでしょう。さらに、会社に電話をかけてくるときは非通知のことが多いですし、場合によっては在籍確認用の電話場号が用意されていてそちらからかけるということもあるので、怪しいところから電話がかかってきていると会社の人たちに思われることもありません。

自分宛てに電話がかかってきて自分以外の人が対応したとしても、本人以外に用件を話すことはないですし、仮に自分以外の誰かが電話に出たとして「ご用件は?」と聞かれたとしても用件を言うということはまずありません。個人的な電話であること、顧客であるという設定で用件をしつこく聞かれた際は臨機応変に対応してくれるところもあるくらいなので、在籍確認の電話が会社にかかってきてしまうとしても、必要以上にオドオドすることはないので心配いりません。在籍確認ができないとキャッシングをすることができないことも多いですので、ウソ偽ることなく在籍確認はしっかりと行わなくてはいけません。例外として書類提出による審査もありますが、在籍確認は重要な審査の基準となっていることを忘れないようにしましょう。