キャッシングはできれば即日返済するのがお得

*

キャッシングはできれば即日返済するのがお得

キャッシングを利用した際、金利が発生するのはお金を借りた翌日からとなっています。民法で決められているので、厳密に言えば即日融資を受けたその日に返済をする場合は金利は発生しないということになります。最近は、キャッシングを受けた日から30日以内に返済すれば無利息でOKという消費者金融もあるので、どうしても急な出費があって間に合わないけれど、すぐにまとまったお金が入る、返済することができる能力があるというときは、金利が発生しないうちに返済をするのが賢明です。

たとえば、キャッシングで10万円借りたとします。このときの金利が18%だったとして、返済日数が30日設けられている場合、10万円×0.18÷365日×30日となるので、約1479円が一ヶ月にかかる利息ということになるわけです。逆に翌日に返済をする場合は金利が49円ほどとなっているので早く返済できるのであれば、引き落としや返済日まで待つのではなく返済してしまった方がいいでしょう。

ただ、即日返済すると利息がかからないのですが、銀行などの営業時間外となってしまうと、借りたその日に即日返済したとしても翌日の返済扱いになってしまうケースもあります。となると、利息が発生してしまうことになるので、即日返済をする時は金融機関が営業している時間帯に返済するようにしましょう。そして、意外と思われがちですが、即日返済では利息は発生しなくても振込手数料が発生してしまう可能性があります。振込手数料は数百円で済むところがほとんどですが、一日にかかる利息よりも高いことも多いので振込手数料についても気を付けなければなりません。インターネットを利用することで即日返済での振込手数料が発生せずに返済することができる金融機関などもあるので、振込手数料を払うのが嫌だという場合はインターネットを経由して振り込むといいでしょう。利息は借りた分以上に支払わなくてはいけないお金です。即日返済できるのであれば、返済してしまった方が安心です。