キャッシングにかかる金利の上限は法律で決められている

*

キャッシングにかかる金利の上限は法律で決められている

出資法の上限金利が20%に引き下げられたことで、10万円未満の場合にかかる金利は20%まで、10万円~100万円未満は18%まで、100万円以上になると15%までとなりました。これが決まったことでこれ以上の利率を設定することが金融機関はできなくなったため、金利を高く設定する悪徳な業者が減ってきています。仮に、決められた額以上の金利を設定されている場合は行政から罰せられる規則が発生します。もちろん、必要以上に支払ってしまった金額というのは返済してもらうことが可能になっていて、最近は過払い請求などをされるケースも増えてきました。

ただ、キャッシングの場合は良かれと思って行った過払い請求が信用情報に載り、それが原因となってキャッシングを申し込んだ金融機関の審査が通らなくなってしまうという説もあります。もちろん、法定以上の金利を設定している金融機関がいけないので過払い請求をすることは悪いことではありませんが、事前に自身が金利について知識を持っているかどうかが大切になってきます。金利ときくと堅苦しく聞こえてしまうところもありますが、実は金利というのは難しいものではありません。法律で決められていることなので、きちんとしている金融機関であれば、無謀な金利を設定しているということはまずありません。ただ、中にはどこからもキャッシングをすることができない人をターゲットにした悪徳な業者が実在しているのも事実です。一度借りてしまうと金利だけの返済となってしまってなかなか借り入れた額が減らないという悪循環に陥ってしまうことも少なくないのです。

お金を貸してくれるという甘い言葉に惑わされず、金利はどのくらいかかってくるのか、法律で定められている金利がきちんと設定されているのかをしっかりとチェックしましょう。金利の仕組みを知っておくことがキャッシングを賢く利用することができるかどうかにつながってきます。密接な関係にある金利、この機会にぜひ知識として身につけましょう。