クレジットカードのキャッシングサービスとは

*

クレジットカードのキャッシングサービスとは

通常、クレジットカードは買い物をする時に現金の代わりに利用することができるカードですが、ほとんどのクレジットカードにはキャッシングサービスが付帯としてついています。クレジットカードのキャッシングサービスとは、買い物もすることができる上に、同じカードを利用して銀行やコンビニなどのATMからお金を借りることができるサービスとなっています。銀行のカードを利用するのと同じように、クレジットカードを挿入して、契約する際に登録した暗証番号を入力し照合できると、利用限度額までならお金を引き出すことができます。海外で現金が足りなくなってしまったときなどにとても便利です。支払いもクレジットカードで買い物をした時の口座から引き落とし日に利用した金額が引き落とされるようになっているので、特に手続きを取る必要はありません。

ただ、クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスというのは、利用限度額が大きいわけではありません。なぜならキャッシングがメインではないからです。クレジットカードを発行している会社によって、また自身の年収や環境などによって利用限度額は異なります。下は一万円から上は50万、90万までとなっていて、クレジットカードを持ったときは利用限度額が低く設定されていますが、利用している年数が長くなったり利用頻度などによって限度額が見直され、クレジットカードを持った当初よりも利用限度額が大きくなることも少なくありません。

また、クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスというのは利用限度額が少ないのが特徴ですが、融資を目的としているカードローンについては利用限度額が大きくなることもあります。返済もクレジットカードのキャッシングサービスの場合は短期、カードローンの場合は長期、金利についてもそれぞれに異なった%がかかってきます。あくまでもクレジットカードについているキャッシングサービスというのは「万が一」に備えて利用するものとイメージしておくといいでしょう。