キャッシングサービスとカードローンの違いを知っておけば大丈夫

*

キャッシングサービスとカードローンの違いを知っておけば大丈夫

キャッシングサービスもカードローンもどちらも共通しているのが「お金を借りる」という点です。なので、これといった違いがないのが現状です。消費者金融においては、カードローンやキャッシングという両方の言葉が使われることが多いのですが、この場合、どちらも同じような意味で使われています。しかしながら、クレジットカード会社がカードの付帯サービスとしてつけているキャッシングサービスというのは、消費者金融のキャッシングとカードローンとは違うことが多い傾向にあります。

また、返済の回数についてもキャッシングとカードローンは異なってくることも少なくありません。クレジットカードについているキャッシングというのは、翌月1回払いが原則となっています。逆にカードローンは分割払い(リボ払い)が基本となっていることが多い傾向にあります。カードローンは何回かにわけて返済を行っていくことになりますので、借入期間もその分長くなります。ということは、利息として取られる部分も多くなるということになるわけです。ただ、毎月の返済額は低く設定されているので無理なく返済できるというメリットがあります。

クレジットカードのキャッシングサービスとカードローンの違いは利用限度額も異なってくるところも少なくありません。クレジットカードのキャッシングサービスはクレジットカードの機能が主なのでキャッシングの利用限度額というのはあまり大きいわけではありません。逆にカードローンはローンを主としているため、利用限度額が大きくなることがほとんどです。なので、どういった目的でお金を借りたいのかによって選ぶべきものが異なってくるといえるでしょう。普段はあまり使わないけれど万が一現金が足りなくなってしまったときに利用する程度であれば、クレジットカードのキャッシングサービスで十分です。どういった目的でお金が必要になるのかで方法を選んでいくことが大切です。