キャッシングリボ払いにかかる金利

*

キャッシングリボ払いにかかる金利

キャッシングをすると、利用した分翌月なり翌々月の決められた引き落とし日に指定してある口座から引き落とされるというのが一般的です。支払い方法も一括払い、分割払い、リボ払いなど自分の生活スタイルに合わせて返済をすることができるようになってきています。中でもリボ払いはメリットもある反面、デメリットもあります。キャッシングリボ払いというのは、あらかじめ指定しておいた一定の金額を毎月支払うというもので、毎月の返済の負担が少なく済みます。支払いの回数を固定しているのが分割払い、支払いの金額を固定するのがリボ払いだと覚えておくといいでしょう。

たとえば、10万円を借りたとしましょう。キャッシングリボ払いの場合は、貸金業者が決めた最低返済額以上であれば自由に設定することができます。分割払いで2万円ずつ支払うのは大変だから、1万円ずつ支払おうとするときにリボ払いに変更ということになるわけです。なので、1万円と設定したら毎月1万円ずつ返済をすればいいということになります。月々の返済額が少ないというのが最大のメリットですが、もちろんリボ払いに対するデメリットというものもあります。

リボ払いは返済の金額が少ない分、分割払いなどに比べると返済期間はおのずと長くなります。キャッシングを何度か重ねても返済の額が変わらないのでお金を借りているという意識が低くなってしまうこと、毎月の返済額が少なければ少ないほど、借りた金額ではなく金利のみの支払いをしている状況に陥ってしまうこともあり、計画的に利用しなくてはいけないというデメリットがあります。

ただ、リボ払いの金利については、出資法に則って法を遵守した%が設定されていますので、リボ払いだからといって金利が高いというわけではありません。しかしながら、リボ払いをすることによってキャッシングした元金以上にどのくらいの金額を支払わなくていけなくなってしまうのかを知っておくことはとても大切です。なので、インターネット経由で利用することができるシミュレーションなどを使ってみることをおススメします。