キャッシングリボの返済方法

*

キャッシングリボの返済方法

キャッシングリボ払いには、支払方法がいくつかあります。中でも多くの消費者金融や信販会社が導入しているのが残高スライド元利均等返済方式、通称、残高スライド方式です。残高スライド方式は利用残高に応じて、毎月元金+利息を支払っていく方法です。たとえば、キャッシングリボ払いで3万円をキャッシングしたとしましょう。実質金利が18%、毎月無理なく3000円ずつ支払っていくとして、支払回数は計11回となり、借りた額3万円に利息分2,752円が総支払額ということになります。

ちなみに、分割払いからリボ払いへ、リボ払いから残金を一括払いへと返済方法を変更することはもちろん可能です。ですので、返済金額に無理が生じて生活に支障をきたしてしまう可能性があるのであれば、リボ払いに変更するなど臨機応変に対応していくことが大切です。また、キャッシングリボ払いを取り入れているところであれば、リボ払いの支払金額を増額することができるサービスがついていることもあります。増額できる金額の単位というのはそれぞれ異なるところはあるものの、返済額を増やすということも可能です。

さらに、引き落とし日以外にも都合に合わせて利用した分をプラスで返済することもできます。臨時収入があったりしたときは返済に充てるということも十分可能です。リボ払いについては、返済期間が長くなること、総額では金利にかかる分が増えるというデメリットがあるので、多く返済できる月は返済をするようにすること、毎月のリボ払いの金額も増やせるのであれば増やすようにしていくことが、リボ払いの返済期間を短縮し完済へと近づけるポイントとなります。

各種手続きについては、インターネットから行うことができるもの、電話をかけて変更してもらわなくてはいけないものなど、それぞれの業者によって方法が異なってきます。ご利用の金融機関、消費者金融、信販会社のホームページなどでそれぞれの手続きの方法などについては記されていますのでチェックしてみるといいでしょう。