キャッシングリボとショッピングリボは違う?

*

キャッシングリボとショッピングリボは違う?

クレジットカードのショッピング枠にもキャッシング枠にもリボ払いという支払方法があります。ショッピングリボもキャッシングリボも支払いの方法は変わりませんし、手数料として金利が発生してきます。ただ、ショッピングリボの金利、キャッシングリボの金利は同じリボ払いでも異なることがあります。リボ払いは、月々の支払いの金額が少額で済むというメリットがあるので負担なく返済していくことができます。ただ、計画をしっかりとたてて返済をしていかないとなかなか完済できないというデメリットがあるので十分な注意が必要です。

また、クレジットカードにはキャッシング枠があることが多いのですが、たとえば、ショッピング枠を50万円、そしてキャッシング枠側を20万円に設定したと仮定します。このとき、キャッシング枠を使わないようにすれば50万円まるまるショッピング枠として利用できますが、50万円のうちキャッシング枠を20万円と設定してしまうと、仮に20万円キャッシングで借りた場合、ショッピング枠の残高は50万円ではなく30万円となります。ショッピング枠で40万円利用するとキャッシング枠は10万円、そしてショッピング枠で限度額である50万円まで使った場合、ショッピング枠もキャッシング枠も0円とです。

また、一般的にキャッシング枠は自身で設定することができるのですが、設定できる金額は、カード会社が自身に設定したショッピング枠の限度額以上になることはありません。ショッピング枠が100万円あったとしたらキャッシング枠は50万円、ショッピング枠が50万円あったらキャッシング枠は20万円となります。もちろん、ショッピング枠も使ってキャッシング枠も使うということは、支払はショッピング枠分、キャッシング枠分の2つとなるので支払い額が大きくなるということを忘れてはいけません。リボ払いはとても便利なのでショッピング枠もキャッシング枠も使っているような時は助かりますが、計画的に利用されることをおすすめします。