ショッピング枠の現金化とキャッシング枠の違い

*

ショッピング枠の現金化とキャッシング枠の違い

クレジットカードには、一般的にショッピング枠とキャッシング枠が存在します。最近よく耳にする「ショッピング枠の現金化」という言葉がありますが、本来、ショッピング枠というのは商品などを購入した際、後払いできるショッピングのための機能となっています。なので、クレジットカードを発行している業者はすべて「ショッピング枠の現金化」には賛成していませんので行ってはいけません。ちなみにキャッシング枠というのもクレジットカードの機能に付帯しているわけですが、銀行やコンビニのATMでお金を借りることができます。ショッピング枠というのは、買い物をする時に現金の代わりにクレジットカードを提出すると、あらかじめ設定された引き落とし日に利用した金額が引き落とされる仕組みになっています。

ショッピング枠を現金化している業者というのは、その業者指定の新幹線のチケット、商品券などをクレジットカードでまずは購入することになります。購入した商品券などを業者に持っていく、もしくは郵送すると現金と交換、振込という形が一般的です。ただ、クレジットカードのショッピング枠を現金化すると還元率は約8割と言われているので、実際には手数料として2割ほど取られるということになるわけです。利息が高いうえに、クレジットカード会社に現金化したことがわかるとクレジットカードの利用が停止となるか強制的に解約ということになります。

原則として、ショッピング枠の現金化はしてはいけないということになっています。しかしながら、キャッシング枠をめいっぱい使ってしまったときなどショッピング枠を現金化することを検討される方が後を絶ちません。その時は現金を手に入れることはできますが、中には悪徳な業者がないわけではありません。法で決められた以上の利率で返済を求めてくる業者も実際にありますので、ショッピング枠の残高が残っていたとしても、利用しないことをおすすめします。