キャッシング枠と住宅ローンの関係

*

キャッシング枠と住宅ローンの関係

クレジットカードを1枚、2枚程度持っているという方がほとんどではないでしょうか。住宅ローンを組む際、かなり厳しい審査が行われるわけですが、住宅ローン以外の借り入れがどのくらいあるかによって住宅ローンの審査が通るか通らないかが変わってくるといっても言い過ぎではありません。ほとんどのクレジットカードにはショッピング枠以外にもキャッシング枠機能がついています。ショッピング枠を利用する目的でクレジットカードを持っていたとしても、自動的についてくる付帯機能となっているのでその辺はあまり住宅ローンとは関係はありません。

では、実際住宅ローンの審査においては、キャッシング枠はどのように扱われているのでしょうか。金融機関や住宅ローンなどの保証会社によって異なるところはでてくるものの、一回もキャッシング枠を使っていないというのであれば借入金として含めるということはまずありません。ただ、現時点でキャッシング枠を利用していて返済が残っているという場合は、借入金として含められることになりますので住宅ローンの借り入れに影響を与えてきます。つまり、クレジットカードを持っていてもショッピング枠だけ利用していれば、たとえキャッシング枠が何十万とあろうとも、利用していない状況であればマイナス材料になることはありませんので、心配することはありません。

もちろん金融機関によって異なりますので一概には言えないところもあります。住宅ローンを組む際、不要なクレジットカードは解約しておいた方がいいと言われていた時代もありましたが、近年はクレジットカードを保有していても、それが実際に利用されているかされていないかが重要視されてきているので、複数枚持っていたとしても金融機関によっては住宅ローンの審査に影響を与えることはありません。ただ、利用していないクレジットカードは今後も利用するとは考えにくく、必要性がないということになります。紛失の恐れなどを避けるために使わないカードは解約しておいた方がいいかもしれません。