キャッシング枠は年収で変わる?

*

キャッシング枠は年収で変わる?

キャッシング枠はどのようにして決められているか知っていますか?キャッシング枠は、人それぞれ限度額というものが変わってきます。50万円が限度額の人もいれば、100万円、200万円と100万単位までが限度額として決められている人もいます。ただ、利用限度額最高○○万円となっていても、可能性だけであって誰もが最高額まで借りられるわけではないのです。なぜかというと、審査のときの条件として勤めている会社、年収、勤続年数、お金にまつわる事故歴があるかどうかが関係してくるからです。

最低限の条件となるのが、会社勤めをしていて毎月安定した収入があるかどうか。ここができていなければどんなに信用できる人であっても審査に通ることはありません。また、始めからキャッシング枠は大きいわけではなく、借り入れの当初というのはかなり少額であることも少なくありません。年収が150万円以上なければ50万円のキャッシング枠すらもらえない可能性もあるくらいです。総量規制というものがあり、法律によって年収の3分の1までしか借り入れをすることができないようになっています。なので、100万円のキャッシング枠が欲しいのなら年収300万円以上なければいけませんし、仮に500万円のキャッシング枠が欲しいのなら年収はなんと1500万円以上なくてはいけないということになるわけです。

年収がなくてはキャッシングすらできないわけですが、利用頻度や経過年数などによって金額が見直され、利用限度額が増えることも少なくありません。もちろんこれはきちんと返済ができていて、クレジットカードであれば利用しているという条件が必要となります。様々な条件をクリアして、晴れてキャッシング枠がどのくらい利用することができるようになるかが決まってくるわけですが、必ずしも年収が500万円以上あるからといって100万円以上のキャッシング枠が設けられるというわけではありません。