クレジットカードのキャッシング枠とは

*

クレジットカードのキャッシング枠とは

ほとんどのクレジットカードには、キャッシング枠があります。もちろんショッピングをするのが目的のクレジットカードなのですが、付帯してキャッシングサービスがついているので、現金が足りなくなってしまったような時はとても便利です。最寄りの金融機関及びコンビニのATMから現金を引き出せますし、海外先での利用なら現地の通貨でキャッシングすることができるのもうれしい点です。ただ、クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠に+アルファくらいのものなので、利用限度額が大きいわけではありません。ショッピング枠の利用、またキャッシング枠の利用によって徐々に限度額は増減されていくので利用しているという実績を作るのも一つの方法ですが、30万円程度のキャッシング枠であれば、インターネットから増減できることも多いので、お手持ちのクレジットカード会社のホームページをチェックしてみることをおススメします。

また、クレジットカード会社が発行しているクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の両方が1枚のカードで使えるようになっています。たとえば、クレジットカード自体の利用限度額が50万円だったとします。ショッピングで仮に30万円分使ってしまっていたとしたら、キャッシングすることができる金額は、利用限度額が50万円あったとしても20万円までしかキャッシングをすることができません。つまり、ショッピング枠とキャッシング枠を合算した利用限度額が50万円ということになるということです。ショッピング枠で50万、キャッシング枠で50万円使えるという意味ではないのでこの点は十分な注意が必要となります。もちろん、キャッシング枠が付帯されていても利用されないという方もいます。そのような場合は防犯の観点からみても、キャッシング枠を少額に設定しなおしておくか、キャッシング枠を0に設定してしまった方がいいかもしれません。