キャッシングカードが使えない原因

*

キャッシングカードが使えない原因

今まで何ともなく使えていたキャッシングカードが、使おうと思ったら使えなくなっていた、なんてこともありえないわけではありません。なぜキャッシングカードが使えない状態になってしまったのでしょうか。

まず考えられる原因として一番可能性が高いのが、限度額を超えての利用になってしまうという点です。自分ではあと10万円借りられるという認識があったとしても、実際はそれ以上に借りていて引き出したい金額と残高があっていないために使えない状態になってしまっていることが多々あります。キャッシングを計画的に利用するためにも、自分でいくらキャッシングをしているのか、あとどれくらい残高があるのかを知っておくことはとても大切です。

また、引き落とされる日に銀行口座にきちんとお金を入金してあったでしょうか。支払いがしっかりできていれば利用できないということはありません。逆に、支払い日にきちんと支払いができていない場合は当然のことながら利用停止となります。さらに、今まで何回も遅延を起こしていたりする場合もキャッシングカードが使えない状態になってしまうことがあると言われていますので、支払い日にはきちんと引き落としが行われるように口座にお金を入金しておくことを忘れないようにしましょう。

上記のことが全く思い当たらず、それでも利用することができない場合は、カード自体に不具合が生じている可能性があります。クレジットカードや銀行のキャッシュカードも同じですが、磁気によって読み取りを行っていたりしますので、その磁気が摩耗や劣化によって急に使えない状態になる恐れも十分考えられます。そのような場合は、お手持ちのカード会社に連絡をして新しいカードと交換をしてもらえば、今までと同じように利用することができるようになりますので、あまり心配することはありません。

キャッシングカードが今まで使えていたにも関わらず、使えなくなるということは何かしらの理由があるときです。意味なく利用停止になることはありません。