キャッシングカードを紛失してしまったら

*

キャッシングカードを紛失してしまったら

金融機関に限らず、消費者金融などでのキャッシングも、キャッシングカードが発行されるのが一般的な方法です。キャッシングカードがあれば、銀行やコンビニのATMから限度額までお金を借りることができるので、キャッシングカードはとても便利なものです。しかしながら、紛失してしまう恐れがないというわけではありません。薄い小さなものですし、キャッシングカードのみをなくすこともあれば、お財布ごと忘れてきてしまった、落としてしまったという方もたくさんいます。

このような時、まず最初に連絡すべき場所はキャッシングカードを作った会社に連絡を入れます。カードを紛失してしまった旨を伝え、キャッシングカードを利用することができないようにしてもらわなければいけません。世の中には悪い人もいて、他人のキャッシングカードを使って現金を引き出したりするケースもあるからです。もちろん、キャッシングカードを使ってお金を引き出すときは暗証番号が必要です。なので、暗証番号がわからない限りは引き出されるということは考えにくいですが、中には暗証番号を忘れないようにキャッシングカードにわざわざ暗証番号を書いている人もいます。

これでは紛失した時に「引き出してください」と言っているようなものです。自分以外の他人、もちろん家族にもわからないようしっかりと管理することが大切です。また、キャッシングカードが使えないようにしたあとは、警察署や交番で紛失してしまったということを届け出ておきましょう。日本人は悪いことをしてはいけないという意識がありますので、落とし物として届けられることも実際にはたくさんあります。なので、警察署に紛失届を出して、落とし物として返ってくることを願いましょう。

ただ、カードを紛失してしまった場合、再発行の手続きをしなくてはいけません。再発行にはカード会社によって異なりますが、手数料が発生することがありますので、電話にてよく確認しておきましょう。