キャッシングカードは磁気で利用できている

*

キャッシングカードは磁気で利用できている

使おうと思って差し込んだキャッシングカードが使えなかったなんてケースも少なくありません。いざ使おうと思っていた時に使えなくなっていることほど焦ることはありませんが、キャッシングカードが使えなくなってしまう理由はいくつかあります。カード会社に利用を停止されているということ以外で考えられる原因としては、磁気不良です。キャッシンカードも通帳も磁気があることで利用ができます。この磁気が摩耗していたり劣化してしまうと、読み込むことができず利用できない状態になってしまいます。いくら差し込んでも利用できませんと言われ返ってきてしまうのです。

本来なら、磁気を直してもらうため、また新しいカードにしてもらうために再発行の手続きをしなくてはいけないのですが、再発行までには時間を要することも少なくないのが現状です。応急処置として、磁気のセロテープをはって補修する方法、磁気を布などで軽く拭いてみてから再度挿入する方法があります。この方法はあくまでも応急処置で利用することができるようになることがあると言われていますが、磁気が良くなったわけではないので、利用できたらすぐに再発行の手続きを行うことをおすすめします。

また、磁気不良がなぜ起こってしまうのかというと、強い磁気に触れてしまったり磁気が財布などから取りだしたり入れたりする際に摩耗したり、磁気部分に細かな傷がついていて破損しているということが考えられます。実は、財布やカバンの留め具、電化製品などの近くで保管していると、磁気がダメになってしまうことがありますので注意が必要です。

近年は磁気ではなくICチップが取り入れられているキャッシングカードもあります。ICチップも同じで、使えなくなってしまうことがあるので、そのような時は上記の方法を使って応急処置を施したのちに利用してみましょう。もちろんこれも再発行が必要となりますので、一度でも磁気が原因で利用できなくなってしまったときは、早めに新しいものを発行してもらうことをおすすめします。